忍者ブログ
FZRのメンテや気がついたことの備忘録のブログ(のつもり)です。 他人に見られる日記と思うと書けませんのでなんとなく誰に向かって話しているのか判らない文章ですがよろしければお付き合いください。
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルにたいそうなことを書いてありますが、自力で大層な事はしておりませんので悪しからず。
始動するようになるまでのプロセスだけですので参考にもならないかもしれませんが・・・・。


引き取ってきた時点でエンジンが掛からなかったのでまずはそれをなんとかしなきゃあいけない。
キーをオンにしてみてもランプ類は無反応・・・・当然バッテリーはだめらしい。

まずはオイルキャップを開けてみた。 くんくんと匂いを嗅いでみる。
ふむ、オイルらしい匂いはするし、ガソリン臭くもない。

次いで先日交換した車のワイパーブレードからステンレスのばねを取ってきてオイル穴に突っ込んで状態を確認してみる。
色はあまりよくないがとりあえずは粘度も有りそうだし白濁してる様子もないのでセルを回しても大丈夫そうだ。

とりあえずキャブレターのドレンを開けてみるが燃料は落ちてこない。抜いてあったのかな?
タンクには少量ガソリンは入ってはいるもののおそらく使い物にならないだろうから吸い出す。
新しいガソリンを入れて攪拌して、それも抜き出す。
タンク内は錆もなく異物の混入した様子もないので一安心。
改めてガソリンを2Lばかり入れる。

バッテリーが死んでるので車からブースターをつないでキーをオンにすると燃料ポンプは威勢良く動き始めた。
セルを回してみる。
セルは回る。が、掛からない。

ドレンを再びあけるが燃料はきちんと全部のキャブから垂れて来るので、とりあえずは燃料は除外。
工具箱の底をごそごそ漁っていると古いプラグが出てきたのでプラグキャップを引っこ抜いてそのプラグでテストしてみる。火花はちゃんと飛んでいる。
ってことはキャブの内部か??一抹の不安がよぎる。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[08/29 しきみ]
[01/03 ちりぺっぱー]
[12/31 しきみ]
[08/28 しきみ]
[06/16 みや]
最新TB
プロフィール
HN:
ちりぺっぱー
性別:
男性
自己紹介:
機械いじりの好きなおぢさんです。
素人ながら、なんでも自分でしてみたい性分なので販売店に行くときは購入の用以外はなかったかも・・・・。
ここに記載されていることは私が実践したことではありますが正しい知識に基づいて行われているものばかりではありません。ご注意の程。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]