忍者ブログ
FZRのメンテや気がついたことの備忘録のブログ(のつもり)です。 他人に見られる日記と思うと書けませんのでなんとなく誰に向かって話しているのか判らない文章ですがよろしければお付き合いください。
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レースを打ち抜くのに、まずはお掃除から始めます。

古いグリスのまみれたゴミ、ほこりなどを綺麗に取り去ります。きちんとやっておかないとフレーム側にダメージが出られると嫌ですから。
平行に打ち抜ければ最高ですが、あいにく使う道具の構造上少しづつ抉るようにしていきますのでなるべくなら引っかかりがないようにしたいからです。

手っ取り早くパーツクリーナーとナイロンブラシでやりました。
こびりついて取りにくい古いグリスは古割り箸でこそぎ取ります。
綺麗になったところで潤滑スプレーを吹き付けて潤滑の確保&残ったグリスの溶解を図ります。
特に根拠はないのですが、私は毎回上のレースを抜くことから始めます。
構造上の問題か、下を抜くほうがやりにくいので上のレースを抜いてからのほうが仕事をしやすい気がしています。

アンカーボルトのネジの面の部分にナットをあわせます。
下側からナットを上に向けてボルトを突っ込んでレースのふちにナットを引っ掛けます。
後は軽くハンマーでたたいて上に向けて打ち抜いていきます。

一気に進めるとフレーム側が凹みかねないので、ほんの僅かずつ叩いてはナットの位置をずらしてを繰り返していきます。

そう苦労することもなく上側に抜け出してきました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/29 しきみ]
[01/03 ちりぺっぱー]
[12/31 しきみ]
[08/28 しきみ]
[06/16 みや]
最新TB
プロフィール
HN:
ちりぺっぱー
性別:
男性
自己紹介:
機械いじりの好きなおぢさんです。
素人ながら、なんでも自分でしてみたい性分なので販売店に行くときは購入の用以外はなかったかも・・・・。
ここに記載されていることは私が実践したことではありますが正しい知識に基づいて行われているものばかりではありません。ご注意の程。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]