忍者ブログ
FZRのメンテや気がついたことの備忘録のブログ(のつもり)です。 他人に見られる日記と思うと書けませんのでなんとなく誰に向かって話しているのか判らない文章ですがよろしければお付き合いください。
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと実用化に向けての目処が立ったので、次はフロントフォークのメンテナンスに移ります。

入手時点では右フォークからのオイル漏れと 不動状態での放置によるフォークの点さび発生という状態でした。

今回は取り合えずということで、ダストシールとオイルシールの交換、オイルの交換としました。
内部部品については消耗度合いもわからないのとフォーク自体のコンディションが微妙なのとで見送ることにしました。
フォークの点さびについては放置しておくとよりひどいさびを呼びそうなのとせっかく交換したシールが傷んでしまうこともありえると思いオイルストーンで研ぐことにします。

フォークのメンテナンスと同時にタイヤの入れ替えも考えてますのでフロント周りをごっそり持ち上げないといけません。
フロント用のスタンドというような気の利いたものは持っていませんのでありがちな方法としてマフラーの集合部分にジャッキをあて持ち上げます。リア側はメンテナンススタンドで受けてます。

まず最初にしておくべきことはねじを緩めることです。不安定な状態のときにレンチ等でトルクを与えては転倒などの事故の元になるからです。
邪魔になりそうで、取り外していても問題ないものは先にとってしまいます。
今回はマスターシリンダも含めたフロントブレーキ周り一式はまず最初にとってしまいました。

マスターシリンダの下にあるブレーキランプのスイッチから延びている線は根元からひっこぬき、ホーンと共締めにされているジョイント部分をフリーにします。
後は、マスターを止めているねじ2本 アウターについているホースバンドとキャリパ固定ねじを取るとごっそり外れてしまいます。

大丈夫だとは思いますが、念のためにマスターシリンダが一番上に来るように保管しておきました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
[08/29 しきみ]
[01/03 ちりぺっぱー]
[12/31 しきみ]
[08/28 しきみ]
[06/16 みや]
最新TB
プロフィール
HN:
ちりぺっぱー
性別:
男性
自己紹介:
機械いじりの好きなおぢさんです。
素人ながら、なんでも自分でしてみたい性分なので販売店に行くときは購入の用以外はなかったかも・・・・。
ここに記載されていることは私が実践したことではありますが正しい知識に基づいて行われているものばかりではありません。ご注意の程。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]