忍者ブログ
FZRのメンテや気がついたことの備忘録のブログ(のつもり)です。 他人に見られる日記と思うと書けませんのでなんとなく誰に向かって話しているのか判らない文章ですがよろしければお付き合いください。
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前書いた通り鈴鹿のHMSに参加してくる事に決定いたしました。

やっぱり自分の技術に不安を抱えたまま乗るというのはいろんな意味でストレスを感じていた為です。


本当はレーシングコースの走れるクラスに参加したかったのですが、残念ながら取れず、通常の中級クラスです。


とはいえ時間を効率よく使って練習できるのはこちらのほうが上なので別に不満はありません。

ここにはいわゆる常連さんが多くいて 参加者のレベルのばらつきはありますが上手な人はそれこそ上級クラスでも上のほうを走れる上手な方が あえて参加しているとも聞きます。 

無理して上級に参加している人たち(自分の限界もわからないままトライしてよくひっくり返るらしい)と走るよりも中級クラスで飛びぬけている人たちと走るほうが(コーススラロームなどでは後ろからつつかれると前後が入れ替わっていきます)安心して走れて練習になるとの事です。 私は以前 どちらかというと無理して上のクラスに参加していた口でしたので耳が痛かった^^;。

もちろん、教官のアドバイスはライダーの技量に応じて上手な人にはそれなりのアドバイスが出るそうなので結果として中級で楽しむという考え方も出るのでしょうねぇ。


前回参加したのは、もうずいぶん前のことでしたのでそのときに乗った車両はVTR1000(所謂ファイアストーム)でした。
ビッグボアツインの激しいアクセルレスポンスに体が慣れるまでは大変だったのを記憶しています。

アクセルを捻りかけた途端、私の身体を置いて車体だけが飛んでいく感覚でした。
この車体は、慣れると相当楽しいバイクでした。

最初はS字の出口で膨れてしまい うまく曲がれなかったのですが 切り返してからの倒しこみとアクセルの開け方一つでかなり小回りも効いたので驚きました。
パイロンスラロームの出口ではグイッと開けるとウイリ-になっちゃったりとか^^;

ただ、あまりに倒しこみすぎてどこかが接地した時には口から心臓が飛びてるほど驚きました。
日頃、どこかが接地したりするような乗り方をしていないのと あんなバイクでまさか接地があるとは思ってもいなかった所為です。

先ほど講習車両を確認してみたら今はもうこの車体が無いようです。

今回はCBR1000RRにしようかなぁ・・・・・w

いまからとても楽しみです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[08/29 しきみ]
[01/03 ちりぺっぱー]
[12/31 しきみ]
[08/28 しきみ]
[06/16 みや]
最新TB
プロフィール
HN:
ちりぺっぱー
性別:
男性
自己紹介:
機械いじりの好きなおぢさんです。
素人ながら、なんでも自分でしてみたい性分なので販売店に行くときは購入の用以外はなかったかも・・・・。
ここに記載されていることは私が実践したことではありますが正しい知識に基づいて行われているものばかりではありません。ご注意の程。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]